お庭の手入れ

素敵で清潔なお庭をキープするには、定期的なお庭のお手入れが必要です。
庭木の剪定や伐採、水やりや肥料などの管理、芝刈りや除草作業など、それぞれのお庭にあったお手入れが必要になります。
ここでは、大切なお庭を素敵な状態で保つためのノウハウをまとめましたのでご覧ください。

庭木の剪定とは

剪定とは、庭木などの『木の枝を切ったり透いたりして整える作業』です。
枝おろしや枝払い、枝打ち、枝透かしなど、様々な言い方がありますが、大きさを抑えるために太い枝を切るのも、樹形を整えるために枝を切るのも、トピアリーをつくるのに刈り込むのも、すべて剪定にあてはまります。
自然樹形でのびのび育てたい場合以外は必ず必要な作業といってよいでしょう。
庭木の場合、思い通りの大きさ、形にするには樹種によりますが、年に1~2回程度の剪定作業が必要になります。

庭木を剪定する際に掛かる費用・内訳・相場は?

庭木の伐採とは

伐採とは、木を根元から切り落として切り株の状態にする作業のことを言います。
庭木の伐採の場合、剪定と混同されがちですが、作業内容は大きく異なりますので業者に剪定や伐採を依頼する時は注意しましょう。
また、伐採後の木の根っこを撤去する『抜根(伐根)』という作業もあります。
木の生えていた場所を新たに活用する場合にはこの抜根作業も必要になります。

庭木を伐採する際に掛かる費用・内訳・相場は?

その他庭木の管理とは

庭木の管理といえば『剪定』作業がメインになりますが、それ以外の庭木の管理もきちんと行うことで、庭木を一年中イキイキとした状態を保つことができます。
気が向いた時に行うのではなく、春には病害虫がつきやすいので消毒を、夏には水やり、冬には施肥をして次の芽がでるために備える、といったように、年間を通して樹種に応じた適切な管理が、庭木を綺麗に育てるポイントです。

超簡単!?落ち葉で作る堆肥(腐葉土)の簡単な作り方

芝刈/草刈り/除草とは

春から秋にかけて、お庭の芝刈や草むしり、雑草の除去には手間がかかります。
芝や雑草が伸び放題で手入れが行き届いていないと、見た目も防犯上もよくありません。
時には、蜂の巣を草むらに作ることもあります。
日々の管理は大変ですが、効率的に芝刈り、草刈り、除草作業をしていきましょう。

草刈りって業者に依頼すべき?自分で草刈りする場合のメリット・デメリット

雑草対策とは

お庭の維持管理において抜いても抜いても生えてくる雑草は、とてもやっかいな宿敵です。
雑草対策といっても、草むしりなどの除草作業から防草シート、さらにはコンクリートなどで完全に固めてしまう方法まで多岐にわたりますので、ご予算やお庭にあった最適な方法をセレクトしてください。

草を生えなくする方法!おススメの方法10選とそれぞれのメリット・デメリット

芝・グランドカバー(下草)の管理とは

お庭の芝生やグランドカバー(下草)は、できるだけきれいな状態を保ちたいものです。
水やりや除草作業、エアレーションや目土などの日々のメンテナンス方法や、ガーデニングを楽しむための季節に応じた植え替えの管理などを紹介していきます。

庭をおしゃれに!簡単に手入れできる芝生4選ご紹介します