庭をもっとカジュアルに愉しむ。smileスタイル
植栽 おしゃれ
2021.03.23

【植栽選び】おしゃれなお庭を作るためのテクニックをプロが解説

難しいお庭のデザイン。狭いお庭をどう素敵に見せたらよいか悩んだり、住宅の外観に合うデザインがわからなかったり…。
お庭づくりでお困りの方に向けて、おしゃれなお庭を作るテクニック・おすすめの植栽・施工事例をご紹介します。

10
読み込み中...

目次

  • 1.おしゃれなお庭にする5つのテクニック
  • 2.庭のプロが選ぶおしゃれな植栽TOP10!!
  • 3.おしゃれな植栽の施工例を大公開
  • 4.おしゃれなお庭造り、植栽工事はsmileエクステリアへ!

1おしゃれなお庭にする5つのテクニック

おしゃれなお庭を作るための基本的なテクニックは次の5つです。
 

植栽のレイアウトにこだわる

 
植栽とは、お庭や玄関先を彩る樹木や草花のこと。
お庭全体の印象は、植栽のレイアウトによって決まるといっても過言ではありません。
植栽にはさまざまなタイプがあります。シンボルツリーになる高木~中木、サブツリーや目隠しとしても利用できる低木、庭木の足元を彩るグラウンドカバーや下草など、それぞれの特性をふまえて効果的にレイアウトしましょう。
植栽をうまく配置できる自信がない場合、まずは鉢植えで育ててみて、イメージを確認しながらレイアウトを決めていくという手もあります。
 

狭いお庭には低木がおすすめ

 
低木
 
低木は、樹高2m以下の背の低い庭木です。レイアウトの自由度が低い狭いお庭では、巨大化しにくい低木を中心にデザインするのがおすすめ。
大きなお庭ではシンボルツリーの引き立て役などとして脇役的に扱われがちな低木ですが、コンパクトなお庭では主役としても活躍します。
和風の庭園にはサツキやツツジなど常緑の低木を刈り込んで立体的な生垣を造ったり、複数種類の低木をランダムに植え付けて自然風のガーデンにしたりと、あらゆるデザインを作り出すことができます。
 

和風・洋風など住宅のテイストにあった植栽を選ぶ

 
和風 植栽
 
住宅とお庭・外構のテイストがバラバラだと、統一感がなく家全体の雰囲気がイマイチに…。お庭や玄関先の植栽は、住宅のイメージと合うものを選ぶと失敗しにくく、お互いがより引き立ちます。
洋風の家によく使われるのは、オリーブ・ユーカリ・ミモザ(アカシア)・レイランディー・コルジリネボックスウッドローズマリーなど。シルバーリーフや斑入り葉の品種も軽やかで明るく、洋風住宅にはぴったりです。
一方、和風の家ならマツ・ウメ・モミジサザンカ・ヤツデ・ツツジナンテン・センリョウなど、日本にもともと自生している植物が向いています。
また、シマトネリコハナミズキヤマボウシマホニアコンフューサ・アジサイ・トキワマンサクなど、仕立て方次第で洋風・和風どちらにもマッチする植栽もあります。
 

植栽と相性の良い素材・色の建材を選ぶ

 
施工事例
 
門扉・門柱・塀・タイル・庭石など、お庭や外構を彩る建材の色・素材にこだわることも、おしゃれなお庭を作るためには大切です。
たとえば、ナチュラルテイストが好みなら木材をふんだんに使う、南欧風のお庭ならテラコッタタイルを取り入れる、和モダンを目指すなら竹垣や砂利を使うなど、理想のイメージに合う建材をセレクトしましょう。建材の色・素材と、植栽との相性も考慮できれば言うことはありません。
 

理想のライフスタイルを叶えるお庭にする

 
見た目だけでなく、自分たちがお庭でどのような過ごし方をしたいのかを描きながらレイアウトを決めることも大切です。
たとえば、ガーデニングや家庭菜園を楽しむつもりだった庭に、背の高い木をたくさん植えたことで日陰が多くなり、花や作物が育ちにくくなってしまった…といった失敗例も。
ウッドデッキでくつろぎたい、週末は友人を呼んでBBQしたい、犬を走らせることができるドッグランのようなスペースが欲しいなど、お庭での理想の過ごし方を考慮し、植栽や建材のレイアウトを決めましょう。

2庭のプロが選ぶおしゃれな植栽TOP10!!

庭や玄関周りをおしゃれに彩る10種類の植栽をランキング形式でご紹介します。
 

10位:おしゃれに目隠しできるレッドロビン

 
レッドロビン
 
レッドロビンは、赤い新芽がおしゃれな常緑樹で、目隠しにもおすすめの植栽です。鮮やかな赤い葉でインパクトのある生垣を作りたい方にはぴったり。
ただし、家の外壁の色や、他の植物との相性は考慮する必要があるでしょう。
レッドロビン
 

9位:花が咲く低木として使いやすいアジサイ

 
アジサイ
 
花が咲く低木として代表的なアジサイ。仕立て方や品種によって、和風にも洋風にも適応する植物です。
アジサイには花色や花の咲き方が異なる品種が多くあるため、理想のイメージにあったものを選んでください。白い花を咲かせるアナベルやカシワバアジサイは、他の植栽とも調和しやすくおすすめです。

 

8位:コルジリネはリゾート感を演出するのにぴったり

 
コルジリネ
 
コルジリネは、カラフルで細長い葉が特徴的な低木(下草)です。リゾート風のお庭をおしゃれに彩りたいときに活躍し、近年人気が高まっています。
観葉植物としてもポピュラーな品種で、鉢植えでも育てることができます。ベランダや玄関先など土のないスペースでも楽しめる植栽です。
コルジリネ
 

7位:クリーピングタイムは花も楽しめるグラウンドカバー

 
クリーピングタイム
 
花が咲くグラウンドカバーをお探しの方におすすめなのは、ハーブの一種であるクリーピングタイムです。
タイムは、斑入り葉の品種や食用として楽しめる品種など、種類が多いのも魅力。理想とするお庭の雰囲気にあった品種を選んでみてください。
 

6位:和にも洋にも合うマホニアコンフューサ

 
マホニアコンフューサ
 
細長い葉が特徴的なマホニアコンフューサ。和風・洋風問わずあらゆるテイストのお庭にマッチする、汎用性の高い常緑低木です。
中高木の足元に植え付けたり、花壇のアクセントにしたりとさまざまに活用できるでしょう。黄色い花と、ブルーベリーに似た青い実も楽しめます。
マホニアコンフューサ
 

5位:玄関周りにもおすすめのヤマボウシ

 
ヤマボウシ
 
ヤマボウシは、玄関周りやお庭のシンボルツリーとして人気がある庭木です。花と実を楽しめるため、季節感のある庭木をお探しの方にはぴったり。
ヤマボウシの上品な樹形は、洋風・和風どちらの庭にも溶け込みます。
特に、株立ちのヤマボウシは、あらゆるテイストのお庭にマッチします。
常緑ヤマボウシ
落葉ヤマボウシ
 

4位:道路からの目隠しになるトキワマンサク

 
トキワマンサク
 
おしゃれに目隠しをしたいときは、赤みを帯びた葉が美しいトキワマンサクがおすすめ。
トキワマンサクは、1年を通して葉を茂らせる常緑の低木~中高木で、葉の密度が高いため、生垣に仕立てて外部からの視線を遮るのに最適な植栽です。
花が白く葉が緑色のシロバナトキワマンサクと、花・葉共に赤いベニバナトキワマンサクがあります。軽やかさを出したいときはシロバナトキワマンサクが、重厚感やアンティークな雰囲気を出したいときはベニバナトキワマンサクがぴったりです。
トキワマンサク
 

3位:狭い庭をおしゃれにするシルバープリペット

 
シルバープリペッド
 
シルバープリペットは、目隠し・仕切り・サブツリーなどあらゆる用途に使える庭木です。白く縁取りされた斑入り葉には抜け感があり、葉が茂っても野暮ったくみえません。
こまめに剪定すれば小ぶりなサイズに維持できるため、コンパクトな庭や玄関先でも安心して使える植栽です。代表的な斑入り品種のほか、葉が黄色みを帯びたプリペットレモンライムなどの品種もあります。
プリペット(プリベット)
 

2位:オリーブはベランダでも育てやすい

 
オリーブ
 
地中海原産のオリーブは、シルバーカラーの葉がおしゃれで、洋風のお庭にぴったりな雰囲気のある植栽です。オリーブは、地植えだけでなく鉢植えでも育てやすいのがポイント。
ベランダ・テラス・玄関先などのスペースで鉢植えの植栽として楽しめます。
プランターで育てる場合は、樹形がまとまりやすくコンパクトに育てられるマンザニロやシプレッシーノなどの品種がおすすめです。
オリーブ
 

1位:あらゆるテイストのお庭・外構にマッチするシマトネリコ

 
シマトネリコ
 
涼しげな木陰を作り出す小さな葉を持つシマトネリコ。洋風~和風まであらゆるテイストのお庭や住宅に合うことから、多くの家庭で人気を集めている庭木です。
他の植栽と合わせやすいのも特徴で、ランキング内で紹介したシルバープリペットやマホニアコンフューサなどの低木・下草類と組み合わせられることもよくあります。
早く大きくなる木というイメージが強いシマトネリコですが、剪定方法や仕立て方によっては高さ・横幅を抑えることができ、狭いお庭でも無理なく利用できるのも嬉しいポイントです。
シマトネリコ

3おしゃれな植栽の施工例を大公開

お庭・外構のおしゃれな植栽の施工例を3つ紹介します。
 

シマトネリコがシンボルツリーのナチュラルなお庭

 
赤いポスト
 
木製ドアが印象的なナチュラルテイストの住宅と、赤いポスト・木の門柱が見事に調和したお庭です。
自然の趣がある株立ちのシマトネリコをシンボルツリーとし、全体に柔らかな印象をプラス。門柱の足元にはニチニチソウなど季節の花々を植え込み、訪問者を明るく出迎えます。
 

庭石×和の植栽の組み合わせが美しい和風庭園

 
施工事例
 
枯山水のある坪庭には、モミジ・ヤブラン・タマリュウなど和風庭園にぴったりな植栽と庭石がバランスよく配置されています。
竹の生垣を用いることで庭園全体の雰囲気を壊さず、外部からの視線を遮っているのもポイントです。
 

コンクリートと植物が調和したハイセンスなガーデン

 
施工事例
 
人工物であるコンクリートと、自然の植物の組み合わせが新しく目を引くデザインです。
無機質な印象になりがちな板目のコンクリート壁に、オリーブ・シルバープリペット・マホニアコンフューサなど種類の異なる中木・低木をランダムに配置。コンクリート壁に映える植栽の陰が美しく、小さな森のような雰囲気を作り出しています。

4おしゃれなお庭造り、植栽工事はsmileエクステリアへ!

外構・エクステリア工事専門店
smileエクステリアとは?
全国でも珍しいトータルガーデンプロデュース企業である”お庭のデパート”smileグループ。
グループでは、造園業界No.1の全国チェーン店舗数を誇る『庭の手入れ専門店smileガーデン』や『植木の販売・植栽工事専門のECモール植木市場』などを展開し、お庭に関してトータルプロデュースしております。

そのグループに属するsmileエクステリアは、外構工事を専門とするお庭づくり・外構工事専門業者です。
外構全体の設計とデザイン図面の作成から、外回り全体の外構工事を始め、デザインに凝った外構工事や、お庭の全体的なリフォーム、カーポートや目隠しフェンス、ウッドデッキなど、単品のおしゃれなエクステリア工事までご依頼可能です。

TOPへ