庭をもっとカジュアルに愉しむ。smileスタイル
外構 費用
2021.01.22

外構工事にかかる費用はどれくらい?項目別にご紹介!

家の門やフェンスなどの外構のデザインを考えるとき、どれくらい費用がかかるのか気になりますよね。
金額は施工内容などによって異なるため、調べても具体的な金額は載っていないことが多いです。
この記事では、外構工事の目安としての費用感をご紹介します。

目次

  • 1.外構工事の予算の決め方
  • 2.外構工事の項目別費用相場
  • 3.実際の外構工事の施工例を費用別にご紹介!
  • 4.素敵なお庭づくりはへsmileエクステリアへご相談ください!

1外構工事の予算の決め方

外構工事は、基本的に業者と相談しながら、最低限必要な部分に自分のこだわりや要望を反映させて決めていくことになります。
新築の場合は門やテラス、駐車場など全ての施工をする必要がありますが、リフォームの場合は自分の好きな箇所のみ施工します。
そのため外構工事にかかる費用は新築かリフォームかでかなり変わってくることを注意しておきましょう。
 

新築を建てる場合

 
外構 おしゃれ 新築
 
新築の場合、施工する広さや内容によって費用は大きく変わります。
そのため一概には言えませんが、だいたい建物と土地の価格を足したものの10%くらいで考えておくと良いといわれます。
内容によっては50万円以内におさまるプランもありますが、新築の場合は安くても150万円以上はかかると考えておくのが良いでしょう。
ただし、土地に高低差があったり、残土処理が必要だったりすると、さらに金額が上乗せされる可能性があります。高いと数百万円単位で金額が増えるかもしれないことを考えておきましょう。
 

リフォームをする場合

 
リフォームの場合は、自分の好きな箇所のみ改築または増築していくことになります。
基本的な流れとしてはまず施工個所の事前調査をしたあと、業者からプラン、見積もりの提案があり、細かい内容を決めたあと正式に依頼というものが多いです。
そのため金額は50万円以内で収まるものから数百万円単位でかかるものまで、プランによって様々といったところです。

2外構工事の項目別費用相場

フェンス

 
フェンス
 
家の周りには、目隠しや侵入防止のためにフェンスがほしいですよね。高さ1mくらいのアルミカラーの目隠しフェンスを設置する場合、だいたいの目安として幅1mごとに9,000~12,000円くらいです。
フェンスを張る範囲は家のデザインや配置、大きさによって異なりますが、一般的な建売住宅ならだいたい10~50万円ほど見ておくのが良いでしょう。
 

門扉

 
門扉 玄関 アプローチ
 
門は家に人が訪れたときに一番最初に見るもの。家の第一印象がそこで決まってしまうので、きちんとしたものを建てたいですよね。
アルミ製の親子開きの門扉で、およそ9~15万円が目安です。色はアルミカラーから木調カラーまで選べるので、家の雰囲気にあったものを選ぶと良いでしょう。
 

門柱

 
門塀 アプローチ
門柱は、門の左右に設置される柱のことです。価格は、塗り壁などのシンプルな塀で10万円以上、インターホンやポストがつくアルミ製の機能門柱で8万円以上が目安です。
大きさやデザインによって価格が変わってくるので、業者さんと相談して決めるようにしましょう。
 

植木

 
植栽 庭木
 
植木は庭の雰囲気を大きく左右する大事なもの。たとえ外構が狭くても、少しでいいから植えておきたいですよね。価格は大きさや種類によっても変わりますが、シマトネリコヤマボウシなどのシンボルツリーで高さが2mだと、1本4万円くらいが目安です。
庭の面積やデザインによってはたくさん植えることになるので、何にどれくらいかかるのか業者さんと相談して具体的な金額をおさえておきましょう。
 

テラス

 
テラス サンルーム
 
外でゆったりしたり、バーベキューをしたりするのに最適なテラス。
様々なデザインやオプションがあり、大きさによっても価格が変動するので一概には言えませんが、だいたい1.5間×5尺(2.7m×1.5mくらい)で35~45万円くらいが目安です。サイズが大きくなるとその分値段も高くなるので、家のサイズによっては100万円以上みておくのが良いでしょう。
 

駐車場

 
土間コン 駐車場 カーポート
 
普段の生活で車を使う場合、駐車場は必ず必要です。
サイズや機能によって変動がありますが、2台ぶん停められるコンクリートのシンプルな駐車場(面積は25㎡前後)だと、25~30万円くらいが目安になります。屋根をつけたりもっと面積を広くしたりすると、値段はもっと高くなります。
 

階段

 
階段 アプローチ
 
庭から玄関にアプローチする短めの階段です。
値段は寸法によって差があるのですが、タイル仕上げの4~6段程度の階段だと、およそ25~50万円くらいが目安になります。サイズやデザインによって値段も変われば家の印象も変わるので、よく相談しながら決めていきましょう。

3実際の外構工事の施工例を費用別にご紹介!

実際にどれくらいの費用でどんな工事ができるのか、施工例を費用別にご紹介します。
ただし金額はそれぞれの土地の状況によって変動するので、必ずこの金額で全く同じ工事ができるとは限らないということを注意しておきましょう。
ここでは、smileエクステリアのセミオーダープランを利用する場合の目安をご紹介します。
 

〜50万

 
シンプルモダン
 
50万円以内だと、シンプルモダンガーデンのエコノミープランで最大33㎡の施工ができます。建売住宅の場合外構の面積は平均しておよそ30㎡くらいなので、十分な工事ができるといえるでしょう。
エコノミープランだと価格が安いぶんスタンダードプランや充実プランに比べて多少見劣りはしますが、オシャレなデザインの門塀に四季を感じられるグリーンスペースに加え、サイクルポートもついてきます。
特にこだわりがなければ金額的にもデザイン的にも悪くありません。充実プランを利用する場合、施工できるのは最大でも20㎡ほどですが、外構の面積がさほど広くない場合はこちらでも十分満足いく施工が可能です。
 

50~100万

 
雑木風
 
50~100万円だと、雑木風ガーデンのスタンダードプランで最大43㎡の施工ができます。
建売住宅の場合、ちょっとした庭がついているといった面積ですが、雑木風ガーデンの魅力は里山を切り取ったかのような風景。
これくらいの面積を大きく施工した方が、よりたくさんの木を植えられるし、より里山らしさが出ることでしょう。
雑木風ガーデンのエコノミープランだと最大55㎡、充実プランだと最大35㎡の施工が可能です。ご予算や外構の面積に合わせて好きなプランを選んでみてください。
 

100万~

 
リゾート風
 
100万円以上だと、さらに立派な外構工事をすることができます。
お庭にリゾートホテルのような非日常感を取り入れるリゾートガーデンで、予算を200万円と考えた場合、充実プランで最大71㎡の施工が可能です。
当然ながら外構工事は費用をかければかけるほど立派になるもの。大きなお庭のあるご家庭でしたら、ここまでお金をかければ文句なしに満足の施工ができることでしょう。和風ガーデンでお屋敷のような佇まいのお家にしても良いです。
予算が150万円あれば充実プランで最大50㎡の施工をすることができます。

4素敵なお庭づくりはへsmileエクステリアへご相談ください!

smileエクステリアは、外構・エクステリア工事を専門とするお庭づくり・外構工事専門店です。
家の外回りの全体的な外構工事を始め、デザインに凝った外構工事や、少しでも安くお庭のリフォームしたいという方、カーポートや目隠しフェンス、ウッドデッキなど、単品のおしゃれなエクステリアまでも、是非smileエクステリアにご相談ください。

TOPへ