ツバキは、花も葉も美しく、昔から日本人に親しまれている人気のある庭木です。
また、ツバキは暑さや寒さにも強く日当たりが悪い場所でも花を咲かせますが、庭木としてツバキが映えるように管理をする場合は、定期的な剪定が必要です。
 

ここでは、ツバキの管理方法について剪定時期や剪定方法も含めて、ご紹介します。
剪定に不安のある方や作業が面倒な方のために専門の造園業者や庭師への剪定依頼についてもご紹介していますので、ぜひ、ご参考にしてください。
 
ナツツバキについてはこちら
氏永 勝之
監修者 smileグループCEO
株式会社ガーデンメーカー 代表取締役
愛知農園植木苗木株式会社 専務取締役
一般社団法人ガーデンビジネス協会 代表理事
氏永 勝之

愛知県稲沢市生まれ。稲沢市が「日本四大植木産地」であることもあり、幼少期から植木に囲まれて成長。
東京農業大学卒業後、名古屋市内の造園会社に就職。公園の整備工事から国交省事業の国道整備工事における土木及び街路樹等の植栽工事に現場代理人として携わる。

お庭の窓口編集部
執筆者 お庭の窓口編集部

お庭の窓口編集部です。 社内のお庭のプロたちから助言をいただきつつ、日々お庭について考えています★

目次

ツバキ(椿)の剪定の時期


ツバキを管理する上で適切な剪定の時期を知っておくことは重要です。
ここでは、ツバキの剪定の適期・可能期について、ご紹介します。

剪定の適期・可能期

ツバキの剪定の適期・可能期は、開花後の3月から4月頃です。
ツバキは、6月頃になると新芽が付きだすので花後の3月から4月頃に剪定をすると花芽を切ってしまう心配がないです。
そのため、花芽が付き始める6月から7月頃の時期に剪定を行うことは、避けましょう。
また、ツバキは、春から夏にかけて生育が良いので新しい葉や枝が伸び出すため、枝葉が込み合ってきているように思われます。
しかし、夏のツバキは、1年で一番樹木が弱っている時期なのでこの時期の剪定は、避けましょう。

ツバキ(椿)の剪定の方法


ツバキの剪定の方法について、必要な道具と剪定注意点も含めて、ご紹介します。

ツバキの剪定に必要な道具

ツバキの剪定に必要な道具は、基本的に剪定バサミ、植木バサミ、刈込バサミ、三脚、園芸用手袋の5つです。
ツバキの樹丈が高い場合は、剪定用の三脚を準備してから剪定作業を行います。
また、剪定用のハサミ類は、雑菌繁殖予防のために刃の部分を消毒してからツバキの剪定を行いましょう。

ツバキの剪定方法

ツバキの剪定は、基本的に枝の「透かし剪定」(枝抜き、間引き)の方法で剪定を行います。
また、樹形や大きさを現状のまま維持したい場合は、「強剪定」が必要です。
ここでは、これらの剪定方法について、それぞれご紹介します。
・枝の「透かし剪定」
ツバキの透かし剪定は、不要な枝を切って枝の量を減らして風通しをよくするために行う剪定方法です。
この剪定方法は、「枝抜き」や「間引き剪定」とも呼ばれています。
剪定で切る不要な枝には、幹根からまっすぐに勢いよく伸び出している徒長枝、古い枝、内側に伸びている内向枝、交差枝、チャドクガの害虫の卵が付いている葉の枝などがあります。
これらの枝を見つけたら透かし剪定で切り取ります。
そして、葉の量も枝に合わせて調整して1本の枝に3枚位残すように剪定します。
極端に葉の量を減らしすぎるとツバキが弱ったり枯れたりする恐れがあるので、注意が必要です。
また、ツバキの枝を剪定する際、葉も芽もついていない枝を途中できると枯れる恐れがあります。
そして、枝葉を切りすぎると樹木が弱ってしまうので、風通しが良くなる程度の剪定を心がけましょう。
さらに、花を沢山咲かせたい場合は、あまり切り詰めたり樹形を作りすぎたりすることは、避けましょう。
・ツバキの「強剪定」
ツバキの樹形や大きさを現状のまま維持したい場合は、数年に1回程度の「強剪定」で樹全体の枝を短く切り戻す剪定を行います。
この剪定は花後直後に行っても翌年の花は期待できないです。
ツバキは日本人にとって身近な樹種の一つです。
そこで、正しい剪定を行って趣のある庭木としてツバキを観賞してみませんか。

ツバキの剪定注意点

ツバキの剪定注意点は、枝葉の切りすぎをしないことです。
ツバキの枝を剪定する際、葉も芽もついていない枝を途中できると枯れる恐れがあります。
そして、剪定では、枝葉の切りすぎは避けます。
枝葉を切りすぎると樹木が弱ってしまうので、風通しが良くなる程度の剪定を心がけましょう。
また、花を沢山咲かせたい場合は、あまり切り詰めたり樹形を作りすぎたりすることは、避けましょう。
そのため、ツバキの剪定を自分でしようとしても剪定経験がなくて不安な場合は、専門の造園業者や庭師に相談してみませんか。

造園業者・庭師にツバキ(椿)を剪定してもらうには?


ツバキの剪定を自分でする、あるいは造園業者・庭師に依頼するメリット・デメリットについて、紹介します。

自分で剪定するメリット・デメリット

自分で剪定するメリット

・自分の好みの樹形に仕立てたり樹木の状態を把握したりできます。

・料金が安くできます。

・自分の都合に合わせて剪定できます。

自分で剪定するデメリット

・専門知識がなく間違った方法で剪定をすると、樹木を傷めたり枯らしたりする可能性があります。

・剪定に失敗すると、仕上がりが悪くなります。

・剪定の専門知識、剪定道具、手間、後片づけが必要です。

・樹丈が高いので脚立作業が必要なため、危険が伴います。

ツバキの剪定を造園業者・庭師に頼む際の流れ

ツバキの剪定を造園業者・庭師に頼む際の流れは、最初に複数の業者に見積依頼をし、次にできるだけ自分の希望通りの剪定が期待できて見積もりも安い業者を複数見つけ、最後に1業者を選んで依頼することです。
造園業者・庭師に剪定を頼む場合、剪定は職人の経験や嗜好によっても異なります。
そのため、剪定の仕上がりイメージが自分と業者側で異ならないためにも見積もりをお願いする際は、不明な点等を遠慮なく尋ね、剪定や価格が自分に合った業者を選びましょう。

ツバキの剪定を造園業者・庭師に頼むメリット

・剪定の専門知識、道具類の準備、手間や後片づけ、怪我の心配も不要です。

・剪定の失敗で枯らしたり樹形を乱したりする可能性が低く、花も期待できます。

・ツバキの木1本でも樹木に適した剪定や美しい樹形の期待ができます。

・放置していて剪定が難しいツバキでも依頼ができます。

・的確な病気害虫処理も依頼ができます。

・豊富な専門知識と経験があるので相談ができます。

ツバキ(椿)の剪定は最低価格保証のsmileガーデンへ


自分でツバキの剪定をするのに専門知識や時間がなく道具の準備等も難しいと思ったら、最低価格保証のsmileガーデンへ依頼しましょう。

smileガーデンが選ばれる理由

smileガーデンが選ばれる理由は、「便利」で「安く」、しかも「上手」の3つが揃った全国No.1チェーンだから安心できることです。
smileガーデンは、依頼が「便利」です。
造園業界No.1の店舗数で全国展開しているのでお客様の最寄りに店舗があり、簡単に庭木1本の剪定でも電話で依頼ができ土日も営業をしているので、迅速に対応してもらえることです。
また、smileガーデンは、料金が「安い」です。
もちろん「見積(出張見積)」は無料です。
また、全店舗が「完全自社施工」なので余分な手数料や中間マージンがないので料金が安いです。
そして、全国No.1チェーン店舗数で展開しているメリットを生かし無駄な経費をカットして、その経費をお客様に還元していることです。
さらに最低価格保証を実施中なので弊社より安い見積もりがあった場合は、相談可能なことです。
さらに、smileガーデンは、剪定が「上手い」です。
この「上手い」理由は、徹底した社員教育と年間20,000件以上の依頼から得た信頼と実績があり、造園経験10年以上あるスタッフが9割以上在職していることです。
また、smileガーデンは、常にお客様の要望する作業に対してプロ知識と経験で安くて「上手い」最適な方法をご提案できることです。