冬に黄色くてかわいらしい花を咲かせるロウバイ。

真冬でも花を咲かせる庭木として重宝されますが、育て方によっては枯れてしまうこともあります。

どんな原因で枯れるのか、どんな対処法があるのかなどご紹介します。

造園業界No.1店舗数!

剪定・伐採・草刈り・雑草対策等お庭周りのお悩みを解決!
プロの知識と技術で最適なお庭の手入れをご提案します

年間実績
3万件

お見積り後の
キャンセル可

出張料
0円

0120-4128-11

氏永 勝之
監修者 smileグループCEO
株式会社ガーデンメーカー 代表取締役
愛知農園植木苗木株式会社 専務取締役
一般社団法人ガーデンビジネス協会 代表理事
氏永 勝之

愛知県稲沢市生まれ。稲沢市が「日本四大植木産地」であることもあり、幼少期から植木に囲まれて成長。
東京農業大学卒業後、名古屋市内の造園会社に就職。公園の整備工事から国交省事業の国道整備工事における土木及び街路樹等の植栽工事に現場代理人として携わる。

執筆者 瀬尾一樹

樹木医です。木も草も大好きで、将来は自分だけの森を持ちたいと思っています。木の美しさや育てる楽しさだけでなく、生きものとしての生態的な面白さも伝えていきたいです!好きな木はケヤキです。

目次

【大前提】植物が枯れる原因の3要素とは

庭木が枯れる原因には、種類ごとの特性が影響している場合もありますが、多くの庭木に共通しているものもあります。

原因は一つではなく複合的であることが多く、「確実にこれが原因で枯れた」と言い切るのは難しいこともありますが、推測される原因としては似通ったものが多いです。

庭木が枯れる原因に多いものを3つにまとめてご紹介します。

管理方法によるもの

森の中で自然に育つ木と違って、庭に植える木は自分で管理をしなくてはいけません。

庭のスペースに合わせて剪定したり、病害虫を駆除したり、掘り上げて植え替えたりといった管理をして木を育てていきます。

その分管理方法が木の健康に与える影響は大きく、間違った方法で管理を続けると庭木が枯れる原因となることがあります。

植え付け時など、水管理

水をあげたりあげなかったり、水やりの方法で枯れてしまうパターンです。

鉢植えの場合だとまた別ですが、庭に地植えする場合、根付いてからは基本的に水やりをしなくていい樹種が多いです。

ただ、植え付けてから暖かい時期で数週間、新しく芽が出て旺盛に成長するまでは定期的に水をあげなければいけません。

そこを怠ることによって、植え付けてすぐに枯れてしまうことがあります。

逆に、根付いてからも頻繁に水やりをしていると、根っこが地表近くに集まって生え、夏場の乾燥で一気に枯れてしまうこともあります。

元々乾燥に弱い樹種や、地植えでも雨がほとんど当たらない場所に植えてある場合、真夏に長い間雨が降らなくて枯れることなどもあるので一概には言えませんが、水関係で枯れる場合があることを覚えておきましょう。

剪定のやり方

剪定は木が大きくなりすぎないようにしたり、樹形を整えたり、風通しを良くしたりと庭木を管理するうえで必要なことですが、そのやり方によって木が枯れてしまう場合もあります。

本来光合成する器官である枝葉を切ってしまうことは、基本的には多少なりとも木にダメージを与えることだからです。

たとえばコニファー類など、芽吹く力が弱かったり、芽吹いても再生するのが遅い木の場合、丸坊主になるような剪定をするとそのまま枯れてしまうことがあります。

また、一般的に落葉樹より常緑樹の方がたくさんの栄養を使って葉をつくるので、葉の大部分を失うような剪定は大きなダメージになり得ます。

剪定単体では問題無くても、それによって水を吸い上げる力が弱まり、幹に日が当たることによって乾燥してしまうなど、連鎖的に影響が出て枯れてしまう場合も少なくありません。

ただしこれは樹種による部分が大きく、剪定で枯らす方が難しいような木もあります。

深植え

樹木でよく問題になるのが深植えという行為。

植え付けた根元にさらに土を盛るようなイメージで、本来よりも深く植えてしまうことを言います。

これによって根っこに酸素が生き届かなくなり、根腐れしたり根っこが弱ったりしてしまいます。

公園や街路樹の大きな木でもみられ、根元の張り出している部分が無く、寸胴のような幹になっているものは深植えされていることが多いです(全てではありません)。

これも、深植えされたから高確率で枯れる、というものではなく、いくつかの原因が重なって枯れる場合の原因の一つとなるような感じです。

その他の管理方法の影響

それ以外にも、周りの土が踏み固められて根っこが伸ばせなくなったり、肥料をあげすぎたり、熱帯生まれの木だと寒さ対策が必要だったり、珍しいものでは犬のマーキングスポットになっていて枯れたりと、管理の方法が枯れる原因となる場合があります。

庭木が何度植えても枯れてしまうという場合は、原因を探ったうえで、管理方法をまず疑ってみましょう。

日照浴びすぎ・浴びなさすぎ

植える場所の日当たりが良すぎたり、逆に悪かったりすると枯れてしまうことがあります。

庭木の種類によって、とにかく日当たりの良い場所が好きなものから、鬱蒼とした木の陰で育つようなものまであり、それらの条件が合わないと弱ってしまうためです。

その木が本来好む環境より日照の強い場所だと、葉っぱが黄色っぽくなったり、葉先や縁から枯れていったりするのが目安になり、逆に日照の弱い場所だと、全然成長しなかったり、間延びしたような樹形になったりします。

後者の場合は植えた後に他の木の枝葉が伸びてきて陰になることもあるので難しいですが、庭木を地植えする際はどんな場所に植えるかが非常に重要です。

庭や公園などで同じ種類の木が元気に育っている場所を見つけたら、それを再現するイメージで考えてみると良いでしょう。

また、植替えや他の木の剪定などで急に日当たりが変わると、対応しきれず一気に枯れる場合もあるので注意が必要です。

病害虫の影響

菌による病害や、害虫の被害によって枯れる場合もあります。

ただ、意外とこれら単体で木が枯れることは少なく、美観が悪くなるだけで木の健康にさほど問題は無かったり、原因は別にあって、弱ったところを追い打ちする形で枯らしてしまったりということが多いです。

問題になりやすいのは幹や根に害を与える病気や害虫で、たとえば木が若いうちはカミキリムシの幼虫に幹を食べられて水が上げられなくなったり、木が大きくなっても根っこに害を与えるナラタケや白紋羽病などが発生するとそれ単体で枯れてしまう場合もあります。

また、近年問題になっているナラ枯れやマツ枯れ、クビアカツヤカミキリ、沖縄など亜熱帯地域では南根腐病など、単体で木を枯らすほどの害があり、なおかつ対処が難しい病虫害もあります。

原因は一つでは無いことも多い

庭木が枯れる原因を一つに特定できず、複合的な要因が重なり合って枯れてしまう場合も多いです。

木が弱ると自然淘汰されるような形で病虫害が多く発生したり、通常なら問題にならない要因が複数重なって枯れる原因になったりします。

たとえば「剪定しすぎて水を吸い上げる力が弱くなって幹焼けし、そこから菌が侵入」だったり、「日当たりが悪い+深植えにより衰弱し、根腐れした部分から病原菌が侵入」など、考えられるパターンはいくつもあります。

また、普段は害を与えず樹体内に存在するが、木が弱ると病気を発生させるという性質の菌も多いです。

単体では枯れるほどではない原因が、重なり合うと木を枯らすことがあるというのを覚えておきましょう。

ロウバイの枯れる原因もほぼ3要素

ロウバイが枯れる原因も大きく3つに分けられます。

ただし、あくまで「ありがちな原因」なので、全く別の原因で枯れることもあり得ます。

枯れた原因がわからないときはまずこの3つを疑ってみて、どれでも無さそうなら別の原因を考えてみましょう。

植え付け時などの乾燥により枯れる

植え付け時などに乾燥で枯れるパターンです。

植え付けや植え替えをしてから短期間で急速に枯れてしまった場合はこちらが疑われます。

植え付けや植え替えをした後は根っこがきちんと張れていない場合があるため、水が吸い上げられずにしおれてしまうという状態です。

基本的には、根付くまで定期的に水をあげる必要があります。

植え付けてからしっかり根付くまではしばらく水をあげるようにしましょう。

水は土の表面が乾いたら、しっかり下まで浸透するようにたくさんあげるのがおすすめです。

本人は水をあげているつもりでも、量が少ないと根まで水が届いていない場合があるので「こんなにあげていいの?」と思うくらいあげてください。

新しい枝葉が旺盛に伸び始めたらきちんと根付いている場合が多いので、地植えの場合はそれ以降の水やりは基本的に控えます。

また、葉先から枯れたり、冬でもないのに落葉するような場合も、乾燥が一つの原因として挙げられます。

日当たりが悪くて枯れる

ロウバイの木は多少耐陰性はありますが、半日陰から日なたといった日当たりの良い場所を好む木です。

ほとんど日の当たらない日陰や室内などで育てると、枯れてしまう場合があります。

ほとんど成長せずに徐々に弱って枯れてしまったような場合はこちらが原因かもしれません。

植え替えや周りの木の剪定などで日当たりを改善する場合、急に環境を変えると葉焼けしてしまうことがあるので、落葉している秋から冬に作業を行うか、徐々に環境を変えるかするのがおすすめです。

管理方法の影響で枯れる

ロウバイの木は成長がさほど早くない木です。

他の日当たりを好む木と同じように何度も剪定したりと手をかけていると、かえって枯らしてしまう場合があります。

他にも、肥料のあげすぎや植え付け・植え替え後の水やり不足などでも枯れることがあるので注意が必要です。

知っておきたいロウバイの枯れたかどうかを見分ける方法

ロウバイの木に異常があったとき、枯れているのか、元気がないだけで復活するのかわかりづらいですよね。

どんなところを見れば枯れているかわかるかご紹介します。

一つ気をつけなければいけないのが、木は一部分が枯れても他の枝や幹は生きている可能性があるということです。

一見枯れているように見えても、復活する場合があります。

単純に元気がない場合

枯れているのではなく元気がない場合は、葉っぱの様子が元気なものと違っていることが多いです。

新芽がしおれていたり、葉っぱが緑のまま徐々に落葉していったりなど、普段と違った様子になります。

ロウバイは他の落葉樹に比べて葉っぱが丈夫で、しおれずに葉先だけ枯れたりそのまま落葉してしまうことも少なくありません。

まだ緑の葉っぱが残っていたり、枝先を曲げても折れずにしなったり、冬芽が残されていたりすればまだ枯れていない可能性が高いです。

生きているのかわからないときは、葉っぱの様子に注目してみましょう。

葉がパリパリで茶色の枯れがある

枝や葉っぱを指でつまんで、力を加えるとパリパリ崩れてしまう場合、枯れている可能性が高いです。

枝が生きている場合、普通多少なりとも水が通っているので曲げるとしなるようになりますが、枯れていると硬くなり、パキッと折れてしまいます。

また、葉っぱが枝についたまま茶色くパリパリになっている場合、何らかの原因で水の供給がなくなり、落葉する間もなく急速に枯れた可能性が考えられます。

木全体が枯れていなくても、原因を探るようにしましょう。

復活するときは芽が出てくる

ロウバイが早めに落葉したり様子がおかしかったりする場合でも、枝に芽が残っていれば復活する可能性が高いです。

芽が枯れている場合は、指先で少し力を加えるとパリパリ崩れてしまうのでそこで判断できます。

秋に早めの落葉をした場合は、復活するのは来年の春かもしれません。

また、芽吹く力が樹体に残されていないとそのまま枯れてしまうことも考えられますが、芽が残っていれば希望はあるので期待してみるようにしましょう。

ロウバイを枯らさないための対策とは

ロウバイを枯らさないためには、特徴をよく理解し、それに合わせた育て方を行っていく必要があります。

また、どんなことで枯れるのかきちんと抑えておくことも重要です。

ロウバイがどんな特徴をしているのか、チェックしてみましょう。

ロウバイの特徴を理解

ロウバイは中国原産の落葉樹です。

真冬に咲く黄色い花が美しい木で、庭木や公園の植栽などでよく植えられます。

明るい場所が好きですがやや日陰でも育ち、土質は選びませんが、水はけが良く乾燥しすぎない肥沃な土を好みます。

耐寒性は強いですが植栽適地は本州から九州です。

水やりの頻度

庭に地植えする場合、水やりは植え付けしてから根付くまでの間、土の表面が乾いたら与えます。

水やりをする場合は、下まで浸透するようにたっぷり与えるのがおすすめです。

新しい枝葉が伸び始めてきたら水やりは一旦やめて、基本的には気にしなくて問題ありません。

乾燥に若干弱いので、真夏に葉先から枯れてきた場合や、早い時期に落葉している場合などは、土の乾燥具合を確認してから水やりをする必要があります。

日照の程度

ロウバイは半日陰でも育ちますが、基本的には日当たりの良い場所を好みます。

あまりに暗いと花付きが悪くなったり成長できず枯れてしまったりすることも考えられるので、なるべく日当たりの良い場所に植えるようにしましょう。

病気にかからないようにするためには

ロウバイが病害虫の被害にあうことは他の木に比べてかなり少ないです。

もし心配な場合は、枝の混みあっている部分を整理して風通しを良くしたり、ロウバイの好む環境で育てて樹勢を良くしたりといったことが病気の予防につながります。

まとめ

ロウバイは数少ない真冬に花を咲かせる木です。

一株元気なものが庭に育っているだけで、寂しい冬を彩ってくれます。

ややクセのある育ち方や特性をしているものの、決して育成難易度が高いものでは無いので、ぜひロウバイを元気に育てて、真冬にも花を楽しんでみてください。

造園業界No.1店舗数!

剪定・伐採・草刈り・雑草対策等お庭周りのお悩みを解決!
プロの知識と技術で最適なお庭の手入れをご提案します

年間実績
3万件

お見積り後の
キャンセル可

出張料
0円

0120-4128-11