庭をもっとカジュアルに愉しむ。smileスタイル
植栽
2020.10.22

シンボルツリーの料金の相場は?植栽工事の値段の相場も徹底解剖

せっかくお庭があるなら、シンボルツリーを植えたいですよね。でも、どれくらいお金がかかるかわからないからちょっと不安…と思うこともあると思います。この記事では、シンボルツリーを植えるのにかかる料金について、詳細に説明していきます。

10
読み込み中...

目次

  • 1.シンボルツリーの値段相場
  • 2.植栽工事の料金相場
  • 3.結局シンボルツリーと植栽工事などトータルいくらかかるの?
  • 4.シンボルツリーの年間維持費
  • 5.シンボルツリー・植栽工事を安くするなら、植木市場

1シンボルツリーの値段相場

シンボルツリーの本体の値段は、樹種や大きさによってまちまちですが、2m前後の木を一本購入するのであれば、だいたい2~8万円くらいは見ておいた方が良いでしょう。一見すると高く感じるかもしれませんが、シンボルツリーはお庭の主役となるもの。いわば庭の顔のようなものです。シンボルツリー向けに売られている木はどれも値段に見合った魅力的なものなので、そこは一定のこだわりを持つことが大切です。値段はあまり気にせず、自分のお庭のイメージに合った、自分の植えたい木を考えて選ぶようにしましょう。
 

料金の違いはここで差がでる

 
とはいえ、数万単位になると料金が少し気になるのも無理はないですよね。樹種による違いも多少ありますが、値段に最も影響するのは高さです。木が大きくなるにはそれなりの手間と時間がかかるので、その分同じ種類でも費用がかさむのですね。たとえば、シンボルツリーとして人気なシマトネリコでは、1mのものと3mのものでは3倍近い値段の差が出ることがあります。まれに、10cm程度の苗木が数百円の値段で売っていたり、逆に樹齢数十年といった大木が数十~数百万で売られていることもあります。どうしても値段が気になるという場合は、ちょっと見栄えしなくても高さの低いものを買うのも一つの手です。

2植栽工事の料金相場

シンボルツリーを植える際、多くの場合業者に植栽工事も一緒に依頼することになります。だいたい、3m未満の木を植えるのであれば植木代にプラスして3~4万円程度みておけば安心といったところでしょう。自分で植えることもできなくはないですが、大きなものだと重さが数十キロにも及ぶのでそもそも運ぶのが難しいし、植え付け方を失敗して枯らしてしまったらもったいないですよね。特に知識や経験があるわけでなければ、工事も一緒に依頼するのが無難です。さらに、業者によっては一定の期間に植えた木が枯れてしまった場合、取り換えてもらえる「枯れ補償」がつくこともあるので、安心を買うという意味でも業者に依頼した方が良いでしょう。
 

植栽工事に掛かる費用の内訳

 
植栽工事には、人件費に加え、土壌改良の料金、支柱の料金などがかかる場合があります。だいたい、3m未満の木であれば人件費で1~2万円、土壌改良で1万円前後、支柱で1万円前後といったところです。高く思うかもしれませんが、土壌改良も支柱もどちらも木を植える際に必要な物なので、せっかく植えた木が倒れたり枯れたりするのを防ぐのに多くの場合必要なものです。ただし、これは業者によって差があるだけでなく、ご自宅のお庭の環境によっても変わってきます。不安な場合は複数の業者に相見積もりをとってもらうのもよいでしょう。

3結局シンボルツリーと植栽工事などトータルいくらかかるの?

結局、2m前後のシンボルツリー一本植えるのにかかるトータルの費用は、概ね5~12万円といったところです。実際には、木の種類、高さ、植えるお庭の状況、土壌改良が必要かなど、植える木や植えるお庭の状況によって大きく変わるので、この金額は目安と思っておくのが良いでしょう。どうしても費用を抑えたいという場合は、木のサイズを小さくしたり、安い業者を探したりするのが賢明です。しかし、長年付き合っていくお庭なので、多少の出費は我慢しましょう。

4シンボルツリーの年間維持費

しかし、シンボルツリーは一度植えたらおしまいというわけではありません。木も生き物なので、毎年大きく成長するし、環境が悪ければ枯れてしまいます。木を枯らさず、美しく元気に保つためには、剪定作業だったり肥料だったりのこまめな管理が必要です。大きさやどれくらい業者に依頼するかにもよりますが、だいたい年に2~5万円程度はみておくようにしましょう。せっかく植えた木だし、長年付き合って思い出のある木にするためにも、愛情をこめて丁寧な管理をしたいですよね。多少お金をかけてでも、きちんとした管理をするようにしましょう。
 

剪定費用の相場

 
剪定を業者に依頼して行う場合、だいたい年に1~2回程度のペースで依頼することになります。費用は高さやボリューム、業者によってまちまちですが、だいたいの目安で、1~3m程度の木なら1,000円~5,000円くらい、3~5m程度の木なら3,000円~7,000円くらい、それ以上の木なら別で見積もり、といったところです。それに加え、数千円程度の枝葉の処分費用が追加でかかります。よっぽど大きい木や、量が多いものでなければ、シンボルツリーの剪定に関しては年間1~3万円程度みておけば大丈夫です。
 

肥料の相場

 
木を元気に保つためにも、肥料は必要なことが多いです。栄養が足りないと、葉っぱの色があせたり弱ってしまったりと、見栄え的にも良くないことになります。だいたい寒い時期に一度与えるくらいですが、花木や果樹などでは、花が終わった後のお礼肥など、より多くの肥料が必要です。一般的に市販されている有機肥料では、5㎏で1,000円前後といったところです。木がどれくらいの大きさか、何の肥料をどれくらい与えるかにもよりますが、だいたい年に1万円くらい見ておくようにしましょう。

5シンボルツリー・植栽工事を安くするなら、植木市場

『お庭のデパート植木市場』は国内初の植栽工事を含めて植木の注文ができる、オンラインショッピングモールです。
インターネットで植木を販売しているECサイトでは植木の販売と配送は対応しているものの、植栽工事はほとんど対応していません。
せっかく購入した大切なシンボルツリーを間違った植え方で枯らしてしまわないためにも、植込みまで全てを任せることが出来る『植木市場』で、お気に入りの1本を探してみてはいかがでしょうか?

TOPへ