庭をもっとカジュアルに愉しむ。smileスタイル
アロマブロック
2021.10.18

お庭をもっと愉しもう!”プチART×GARDENプロジェクト2021” part4

プチART×GARDENプロジェクト2021!
 
お庭の新しい愉しみ方を創造するプロジェクト、お庭をもっと愉しもう!”プチART×GARDENプロジェクト2021”
今回2021年10月7日は、前回の発表を受けて、作品1つ1つに株式会社ガーデンメーカーからのフィードバックを伝える回となりました!
 
その内容についてレポートしていきます。
 
■本年度の活動実績
お庭をもっと愉しもう!”プチART×GARDENプロジェクト2021”始動
お庭をもっと愉しもう!”プチART×GARDENプロジェクト2021” part1
お庭をもっと愉しもう!”プチART×GARDENプロジェクト2021” part2
お庭をもっと愉しもう!”プチART×GARDENプロジェクト2021” part3

目次

  • 1.プチART×GARDENプロジェクト2021 作品へのフィードバック!
  • 2.庭とガーデニング「link」
  • 3.素材を生かしたモノづくり ~世界に1本だけの筆
  • 4.コンクリートを再利用する提案 ~そのものを活かす
  • 5.どこでも自然を味わう ~木屑でクッション
  • 6.庭から庭、そしてまた庭へ ~廃材を生かす
  • 7.つながる活性化 ~廃材から触れ合いを
  • 8.プロジェクトの継続

1プチART×GARDENプロジェクト2021 作品へのフィードバック!

前回のプレゼンテーションの様子はこちら。
お庭をもっと愉しもう!”プチART×GARDENプロジェクト2021” part3
 
今回のテーマは「廃材を使用した商品の提案」
 
造園業者から出てくる廃棄物を再利用して、新たな商品を生み出すというプロジェクトです。
造園業では多くの廃材や石、ブロックなどの廃棄物が出ます。
しかし、その多くは林業で出てくる廃材とは異なり、均一なものではないため再利用が難しく、廃棄処分されることがほとんどです。
その廃棄されてしまう資材の有効活用する一助となるべく、廃材を利用した商品提案を植木の日本4大産地の一つである愛知県稲沢市の造園業者、株式会社ガーデンメーカーと取り組むこととなりました。
 
前回のプレゼンテーションを受けて、先日2021年10月7日、株式会社ガーデンメーカーからのフィードバックを伝えました!

2庭とガーデニング「link」

■ガーデンメーカーからのフィードバック
◇コメント◇
・商品として安定供給しやすそう、木に触れて組み上げる体験が楽しそう。
布・麻縄・アイアンなどの異なる素材と組み合わせて雰囲気を変えれる派生商品があると購買層が増えるかもしれない。
・子供と楽しめそう
・鉢の大きさや形に合わせて自分で作れるのがいい
・オリジナルで作成できる楽しさが良い
 
◇改良希望点◇
・用途としてもう少し広がりが欲しい → 他素材、形、使用用途など
・自分では用意できない、と思わせる加工(素材)が必要
・用途例、楽しみ方などの仕様書があると◎
 
■フィードバックを受けての学生の感想
自分以外から意見をもらうと新しいアイデアができるのでよかった。

3素材を生かしたモノづくり ~世界に1本だけの筆

■ガーデンメーカーからのフィードバック
◇コメント◇
・コンセプトは◎
 
◇改良希望点◇
・樹種別の特徴や思い入れを顧客に残す、ワークショップとして行うという点では良いが、筆以外のほうがいいかも。
・パッケージや見た目で目的が伝わりづらい。
 
■フィードバックを受けての学生の感想
実際にこの筆で書いた文字をパッケージにしてみたが、伝わらなかったので反省

4コンクリートを再利用する提案 ~そのものを活かす

■ガーデンメーカーからのフィードバック
◇コメント◇
・実用的で本当に欲しいと思った。
・自宅で使いたいと感じた。
・リサイクルという観点からも、おしゃれという観点からもいい。
 
◇改良希望点◇
・もう半分くらいの大きさでもいいかもしれない。
・テキストやロゴにこだわりオシャレになるとインテリアの価値が上がるかと思う。
・パッケージの工夫がもう少し欲しい。
→全体的なデザインという点とリサイクルという意義の点
・他の形もあると良い
・香りも何か意味のあるものだと、尚良い
 
■フィードバックを受けての学生の感想
ガーデンに興味が無い人にもという目的で作り、それが上手くはまってよかった。
パッケージはもう少し考える

5どこでも自然を味わう ~木屑でクッション

■ガーデンメーカーからのフィードバック
◇コメント◇
・木屑の利用は面白い
 
◇改良希望点◇
・木屑の他の用途はないか?
・厚めの木屑でないと難しい、という点からも、クッション以外のものの方が良いのでは?
・クッションなど手触りにこだわるならば、形状のさらなる工夫が必要。
 
■フィードバックを受けての学生の感想
廃材を無駄なく使いたいという思いがあった。
木クズが出るという問題は色々試したが解決が難しかった。
他の用途も考えてみる。

6庭から庭、そしてまた庭へ ~廃材を生かす

■ガーデンメーカーからのフィードバック
◇コメント◇
・SDGsで生ごみを減らす取り組み・それにより生ごみのにおい対策になりそう。
・庭に置いても違和感のない見た目と実用性が高いのが良い
・商品としての完成度が高いこと、環境への取り組みなど販売の際のPRポイントが多い点も良い
・見た目もかわいい。
 
◇改良希望点◇
・使用時、使用後の改良が重要なため、実例が欲しい。
・木の由来などのストーリーがあるとなお◎
・庭に置いた時の他の用途(植木鉢を置くなど)を想定
 
■フィードバックを受けての学生の感想
改善点の、他の用途も考えてみる。

7つながる活性化 ~廃材から触れ合いを

■ガーデンメーカーからのフィードバック
◇コメント◇
・ルアー以外のもの(キーホルダー等)でも良いかも
 
◇改良希望点◇
・ワークショップのしやすさという点で疑問がある。
→削りだすのは難しい?
・ルアーとしての価値を出すのであれば、もう少し掘り下げが必要。
 
■フィードバックを受けての学生の感想
ワークショップのしやすさを考えていたが、難しかったのでもう少し考えたほうがよかった。

8プロジェクトの継続

今回のフィードバックを経ての、さらなるブラッシュアップがとても楽しみです!
今後の続報をお楽しみに!

TOPへ