庭をもっとカジュアルに愉しむ。smileスタイル
おしゃれな門扉の写真
2021.12.08

門柱・門塀のオプション おすすめアイテム6選

門柱や門塀を建てて、どんなアイテムや機能を取り付けようか迷う方は多いのでは?
無難に表札とポストだけでも大きな役割を果たしてくれますが、それ以外にも取り付けたいものはあります。
今回は門柱・門塀に取り付けたいおすすめのアイテムを紹介します!

 
門柱・門塀のおしゃれなデザイン おすすめ9種類!はこちら

目次

  • 1.門柱・門塀の役割とは?
  • 2.門柱・門塀アイテムおすすめ6選
  • 3.まとめ

1門柱・門塀の役割とは?

門柱や門塀の役割とは、プライベート空間である私有地と外部の境界線にあり、2つの空間を仕切る目的があります。
また門柱に門扉があることで、2つ空間を繋ぐ役割も持つのです。
 
私有地の仕切りでもあることから、訪問者を敷地内に入れずに用件を済ませられるほか、距離を一定に保つことができるので便利で安心な門柱と門塀。
不審者なども簡単には入りにくくなるので、安全性を高めるための役割があるでしょう。
 
オプションのアイテムや機能を設置することで、さらに安全性の高い住宅にもなるのでおすすめです。

2門柱・門塀アイテムおすすめ6選

門柱・門塀があることで、個人の身の安全の確保や安心のできる住宅が実現できます。
そして、アイテムや機能を取り付けることで、安心安全だけではなく、便利でスマートな住宅にもなるでしょう。
 

自分が必要だと思うアイテムや機能だけを選ぶことで、より洗練された門柱・門塀となります。
またアイテムと機能を合わせて、デザインも選ぶことで住宅は見違えるような雰囲気になることは間違いありません。
ぜひ自分が欲しいと思うアイテムや機能を取り付けて、自宅の庭をクールでスマートなものへとしましょう。
 

表札

 

表札の例 写真

表札は門柱・門塀には必ずつけるべきといっていいいアイテムではないでしょうか。
特に住宅の正面にある門柱には表札があることで、訪問者も迷わずに案内することができますよ。
また、門柱はエクステリアの中で一番大事な場所で、「住宅の顔」になります。
そのような場所に立派な表札を取り付けることで、大きな象徴にもなり、住宅もより際立った姿へと変貌するでしょう。
 

表札は個人で頼んで買うことをおすすめします。
近くのホームセンターなどでも手軽に入りますが、素材選びには特にこだわるとよいですよ。
タイル・ガラス・陶器・火山岩・大理石と焼き物や石器で、豪華で立派な印象を付けたり、アクリル・ステンレス・アルミ鋳造などを使うとクールでスタイリッシュな表札になるのでおすすめ。
また木材を使ってオリジナ性も持たせるのもよいです。
 

ポスト

 
ポストの写真

門柱には表札以外にもポストがあると便利で、設置したいアイテムの1つでしょうか。
郵便者には、ポストと表札がセットになっているのがわかりやすくてよく、配達のミスもなく一番よい組み合わせではないでしょうか。
表札とポストがあるだけで、1つの門柱ができ、大きな役割があるデザイン性の高いものへとなります。
 

ポストには独立型、後付け型、埋め込み型、そして機能門柱型の4つに大きく分けられます。
門柱とポストを建てるとすでに決まっているのであれば、小さいスペースでも建てられる機能門柱型をメーカー社に頼むがよいでしょう。
しかし、もっとこだわったものするのであれば、ポストは後付け型や埋め込み型のものを選ぶのがおすすめ。
場所も取らずにスマートに1つに収まり、おしゃれな正面玄関に仕上がります。
 

独立型のものは後からつけることもでき、位置も近い場所に設置できるほか、個性あるユニークなデザイン性の高いものが多いです。
 

宅配ボックス

 
近年の住宅のポストは、より便利でスマートな機能へと進化しています。
郵便物とは別にボックス型の宅配物を、不在時でも受け取れるように、宅配ボックスを門柱に取り付けることも可能です。
特に現代はネットで買い物や用事を済ませることが多いので、非常に便利なアイテムではないでしょうか。
特に不在で荷物が受け取れず、再配達になることが多い宅配物は、宅配ボックスがあるだけで、受け取る側の人だけではなく、荷物を届ける側の人にとってもよいといえます。
 

宅配ボックスには、置き型、埋め込み型、機能門柱型の3つがありますが、ポストと同様に、門柱と一緒に設置を考えているのであれば、機能門柱型がおしゃれなデザインがあり、スリムでスマート。
埋め込み型であれば、さまざまな門柱の施工タイプに設置できるので、業者に頼みましょう。
置き型は独立しているため、ロック機能が備わっているに限らず、盗まれる危険性があります。
 

門柱灯

 
門柱灯の写真

門柱灯とは、門柱に取り付けられた照明のことです。
ステップがあるような正面であれば、夜は足元を照らしてくれるので、躓きや転倒を防ぐことができます。
また証明があることで、防犯対策にもなるでしょう。
特にセンサーが搭載されているような照明であれば、効果はさらに期待ができるほか、節電効果もあるのでおすすめ。
 

門柱灯はあったら便利ですが、必ずしも必要なアイテムではありません。
しかしもし検討しているのであれば、住宅と門柱の距離を考えてみるとよいでしょう。
門柱が住宅と近い場合は、玄関の灯のみ、または庭先の灯のみで対応ができます。
遠いのであれば、照明をつけると生活する上では便利です。
 

しかし門柱灯があることで、門柱は美しい見栄えになるほか、表札なども夜、より見えやすくなりますよ。
 

インターホン

 

インターホンは門柱に必ず取り付けたいアイテムではないでしょうか。
インターホンがあるだけで、訪問者を敷地内に入れずに用件を済ませることが可能です。
現代では他人との距離を保って行動することが求められ、用心もできます。
 

表札、ポスト、インターホンが1つになっていることで、訪問者にとってもわかりやすくて便利な門柱といえます。
インターホンがあると外部との間接的な繋がりとなり、設置してあることで防犯対策にもなります。
 

現代では珍しいものではなくなりましたが、内蔵カメラ付きのインターホンは、安心安全で、より防犯対策に特化した門柱になるのでおすすめ。
ぜひ門柱のアイテムを悩んでいるのであれば、インターホンの設置を検討してみてください。
 

花壇・植栽

 

花壇と植栽の写真

おしゃれで美しい門柱・門塀をさらに見栄えよくさせるが、門柱・門塀周りの花壇と植栽です。
よりオリジナル性の高いデザインに仕上がることが可能ではないでしょうか。
門柱下部には花壇を設置して、華やかに演出できますが、施工後にDIYでできるので自分で設置するのもよいかもしれません。
 

予め門柱に植栽すると決まっているのであれば、業者の方に依頼をして一体感のある花壇を設置してもらうこと。
おしゃれでデザイン性のよい花壇と門柱になり、自分でDIYするよりはるかに環境のよい花壇がつくれるでしょう。
 

また植栽の仕方も、景観を配慮しながら、植物の背の低いもの背の高いものと分別のある植栽をしましょう。
ただ好きなものだけを植栽しても、門柱を隠してしまったり、そのほかの設置しているアイテムの機能の役割が果たさないこともあります。
同じ背丈の植物を植栽せず、高さをつけてメリハリをつけて植栽したりすると一体感のあるデザインに。
シンボルツリーも植栽してあなただけの門柱を作りましょう。

3まとめ

門柱・門塀のおすすめのオプションアイテムはいかがだったでしょうか。
自宅に必要なものは見つかりましたか?アイテムや機能を取り付けることで、自宅の玄関先、庭先はとてもスマートでクールなものへとなります。
 
また、門柱や門塀の役割である防犯対策をさらに強化させることにつながるので、設置と購入を検討している方は、ぜひオプションのアイテムや機能を取り付けてみましょう。
おしゃれでデザイン性の高い門柱・門塀とオプションアイテムを組み合わせて、安全性の高いスタイリッシュな庭を作ってみてくださいね!

TOPへ